中土佐町久礼にある
鰹乃國の湯宿「黒潮本陣」に宿泊です。

穏やかな瀬戸内海しか知らない愛媛県民は、
太平洋に

●「7つの海」の中で一番大きく
●アメリカ大陸とは海で繋がっていて
●見渡せば島一つない大海原。
●水平線は地球が丸く見えます?

と言ったイメージを抱いていて、
其れは其れは強い憧れを持っています。

鰹乃國の湯宿「黒潮本陣」は、そんな太平洋をどのお部屋からでも展望することができます。それが宿泊の決め手となりました。

1.外観

image
堂々とした佇まい。
お洒落なお城の雰囲気です。

まずは、チェックインの前に・・・
image
機械の画面に顔を近づけると自動で体温測定をしてくれます。進化に驚かされました。

館内は木材がふんだんに使われていて温もりがあり、黒が基調で重厚感に溢れていました。

2.お部屋

受付は2階。お部屋は3階。
エレベーターがありますが、階段で
image

3階の通路。部屋は一番手前の「波」
image

部屋からの眺め
image
「洋室」にしました。
太平洋が一望。
とまではいきませんが、それでも「オーシャンビュー!!」

3.夕食

午後5:30から夕食

1階のレストラン「茶屋本陣(櫂)」でいただきます。ちょっと早めに行きましたが、夕食の準備ができていました。(用意周到)

雄大な太平洋を眺めながらの夕食。
楽しみです。
image

お品書
image

食前酒・前菜→御造り
image

黒潮名物
image
鰹わら焼塩タタキ。惜しげもなく分厚く切ったタタキ。

まずは薬味なしで一口。
生臭さがなく柔らかく香ばしい香りがします。
普段食べていたタタキとこんなに違いがあるとは思ってもみませんでした。

厚めに切ったにんにく・ネギをはさんで一口。
カツオのタタキがこれほどおいしいとは・・・

もうこれだけで高知に旅行した甲斐がありました。


冷鉢→焼物→油物→酢物
image

御飯→水物
image
温かいものは温かいうちに、
冷たいものは冷たいうちに、
その都度配膳される気の配りよう。新鮮な地元の食材。
お腹一杯いただくことができました。

食後は・・・

4.温泉

冷泉を沸かした「大浴場」と「汐湯の露点風呂」の2種類があります。「汐湯の露天風呂」は湯気の向こうに太平洋の大海原が広がります。

浴室内は「写真撮影禁止」でした。
そこで、
大浴場までの渡り廊下を
image
手前が女湯。
奥が男湯。
男湯と女湯は一日ごとに交替されます。

渡り廊下の先は、テラス?あずま屋?があります。
image
久礼湾(中土佐の漁港)を見渡すことができます。

涼しい風が、湯上がりの火照った身体を冷やしてくれます。

5.朝食

image


image
ホテルのバイキングと違って、落ち着いた雰囲気でいただくことができました。

6.チェックアウト

宿泊費は、

GO TOトラベル  :35%オフ
じも旅✖️2セット     :10,000円オフ

※じも旅は、額面10,000円を5,000円で購入できます。(額面の内訳は、宿泊券5,000円分と観光施設や飲食店で利用できる500円✖️10セットクーポン券)

大変お得な価格で
贅沢なお食事
ゆったり気分の温泉を
満喫する事ができました。

大変満足しました。