「にこ淵」の「仁淀ブルー」に感動した後、第2の目的地である「中津渓谷」に行ってみることにしました。

1.中津渓谷は

国道33号より500mほど上がった所にあり、県立自然公園にも指定されている景勝地。中津明神山に降る雨が長い時間をかけて造りあげた壮大な水の森で、「紅葉の滝」「雨竜の滝」「龍宮淵」「石柱」など、水が作った傑作が随所に。入口から石柱まで約2.3kmに遊歩道が整備され、渓谷を間近に見ながら散策が楽しめます。渓谷入口には温泉宿泊施設「中津渓谷ゆの森」があり、ゆったり自然浴を楽しめます。(よさこいネットから引用)

中津渓谷の入口に公衆トイレがあり、その横には車が3〜4台停めれる駐車場がありました。運良く1台空いていました。

「中津渓谷」の入口です。右手には橋があり、「中津渓谷 ゆの森」に行くことができます。
IMG_1330














2.散策のスタート

ここから、「中津渓谷」散策のスタートです。

どうも中津渓谷は「笑いの里」のようです。柱には「竜神七福神」とあり、渓谷のあちこちで七福神の石像を見つけることが出来ます。
IMG_1332




















まずは、大きか岩が、遊歩道を遮っています。岩の横をすり抜けて進みます。
IMG_1334






















川は透明度抜群です。沢山の魚が泳いでいました。(写真には2匹しか写っていませんが)
IMG_1335




















遊歩道の両側に柵があります。転落防止でしょうか?
IMG_1336





















七福神の一人を見つけることができました。
IMG_1337




















ちょっと下りていきます。その後、川を渡って・・・
IMG_1339




















それはそれは大きな岩が目に飛び込んできました。圧巻です。
IMG_1340



























今度は、階段を上って行きます。下りたり上ったりで大変です。でもいい運動になります。
IMG_1341















やっと平坦な遊歩道。やはり川には大きな岩がゴロゴロしてます。
IMG_1342


























七福神を見つけました。二人目です。
IMG_1344




















今度は、岩と岩の間をくぐっていきます。次から次へと飽きさせません。
IMG_1345




















まだまだ歩道は続きます。
IMG_1346















突然、「展望台」と「雨竜の滝」の分岐点です。どちらにしようか?
眺めがよさそうでしたので、「展望台」にしました。ところが、階段は最初だけで、その後は両手を使わないと上れない難所でした。
IMG_1347















やっと展望台が見えてきました。距離で40mもありませんでしたが、結構疲れました。
IMG_1348














展望台からの眺め。川の周りは木が鬱蒼と茂っており、木々の緑が五月晴れの日差しを受けて輝いていました。
IMG_1349


























展望台から伸びる遊歩道を進むと看板が。真っ直ぐ進むと「雨竜の滝」に行きます。先程の分岐点を右の道に行くと、ここに到着するようです。
IMG_1350



























これからは緩やかな上りが続きます。目の前に小さな橋も見えてきました。
IMG_1351















橋を渡ると行き止まり。正面に滝が見えます。「雨竜の滝」です。晴れ続きで水量は少なめでしたが、それでも迫力がありました。
IMG_1352



























近付いて見ると・・・・
IMG_1353



























滝の近くには・・・「仁淀ブルー」
後は来た遊歩道を戻るだけです。
IMG_1354















七福神。三人目です。
IMG_1357




















またまた、「仁淀ブルー」
IMG_1359
















歩道を歩いていると、「シトシト」と水音が聞こえてきました。岩の間から水が湧き出ています。
IMG_1361



























大きな岩だらけです。茶色ぽい岩がよく目に付きました。
IMG_1362














案内板があります。七福神の場所がのっています。最初から見ていれば、もっと沢山見つけることができたかも?

IMG_1363















透明度、半端ない!!
IMG_1365
















やっと入口が見えてきました。
IMG_1366





















変化に飛んだ歩道は、歩いていても飽きさせません。上りがあったり、下りがあったり。岩の横をすり抜けたり、岩の間をくぐったり。また橋を渡ったりと。まるでちょっとした冒険をしているようです。次は何を見せてくれるのか「ワクワク」しながら歩いていました。大きな岩の壮大さ。川を流れる水の綺麗なこと。
写真を撮りながら渓谷美を堪能し、あっと言う間の1時間でした。