1.自宅出発(5:30)

↓(国道33号線高知方面へ)
●砥部町
↓(国道33号線三坂道路)
↓(久万高原町)
●久万中学前交差点(左折)
↓(県道12号線)
●標識が見えたら突き当りを左折
IMG_1402















↓(面河渓方面)

●直進:面河渓
  右折:石鎚スカイライン
右折します。
IMG_1403















2.石鎚スカイライン入口到着(6:45)

まだ開門まで15分あります。車から出てみると、やけにヒンヤリします。それもそのはず、気温は12℃。
IMG_1404















●石鎚スカイライン開門(7:00)
通行可
↓(石鎚山を左手に眺めながら石鎚スカイラインを土小屋へ)

3.土小屋到着(7:25)

駐車場から石鎚山を見ることができます。
IMG_1406















土小屋の標高は1492m。イヨノクニ
IMG_1407















近くには、石鎚神社遥拝殿が
IMG_1409














4.登山開始(7:42)

登山靴に履き替え、リュックの中身を確認。OK。いざ出発!!
「土小屋ルート」の登山口です。
IMG_1410















●山頂まで4.6㎞。
距離は短いけれど、上りは流石に厳しい。無理をせずマイペースで
IMG_1411















●石鎚国定公園 石鎚山
IMG_1412















1㎞歩きました。まだまだ元気です。
IMG_1414



























右手には「瓶ヶ森」を見ることができます。
IMG_1416















ブナ林を通り抜け。新緑が眩しい!!
IMG_1419



























木でできた歩道は歩き易い
IMG_1421















ベンチ1.土小屋から1.8㎞・山頂まで2.8㎞まだまだです。
IMG_1425















木がなくなり、視界が開けてきました。前方には石鎚山頂が見えます。白く見えるのが白骨樹
IMG_1426















まだまだ上りが続いています。でも、見晴らしがよく疲れを感じません。
IMG_1428



























第2休憩所。結構、広くゆったりしてます。ベンチあり
IMG_1432















山頂が近くに見えます。近くに見えても歩くと遠い!!
IMG_1434















山頂まで残り1.0㎞となりました。あと少し!!
IMG_1442















400m歩くと、「西之川~成就ルート」と合流しました。
IMG_1443















鳥居が合流地点の目印です。
IMG_1444




















ちょっと休憩。雲一つない青空です。公衆トイレも用意されています。綺麗に清掃されていました。「100円寄付」となっていました。
IMG_1445















ここから、「ニの鎖」で行くか、迂回路でいくか。・・・鎖は余りにも危険そうだったので迂回路にしました。山頂まで0.5㎞です。ところが上りがきつくなりました。空気が薄いせいでしょうか?ハアハア息切れもします。
IMG_1446















100m歩きました。いや、まだ100mしか進んでいません。
IMG_1447
















100mが長い、とても長い。もうヘトヘトです。山頂まで残り300m!!
IMG_1448















左手の小屋から、最後の鎖(三の鎖)へ。でも右の階段を上ることにしました。歩きやすくなっていますが、かなり傾斜があります。
IMG_1449















やっと頂上に到着。
IMG_1454














5.登頂成功(9:40)

天狗岳1982m(見るだけです)
IMG_1458
















周りの景色。頂上からの眺めは最高です。
IMG_1456





















飛行機雲が・・・
IMG_1466
















景色を見ながらの昼食は格別です。食事をしている直ぐ後ろは絶壁です。恐る恐るパチリ
FullSizeRender














6.下山(10:20)

帰り道。上りも大変でしたが、下りはもっと大変!!お上りさんは右手。お下りさんは左手。
IMG_1468



























足がフラフラです。上り以上に慎重に降りました。

土小屋(12:00)到着
IMG_1472
















上りは、「写真を撮ったり」、「景色を見たり」、「植物を観察したり」、「鳥のさえずりを聞いたり」と、余裕がありましたが、さすがに下りとなると、ただひたすら足元に注意しながら下りるだけでした。

7.まとめ

五月晴れの絶好の登山日和となりました。普段経験することのできない自然との触れ合いに充実した1日を過ごすことができました。
7~8年前、土小屋ルートで1度登ったことがありましたが、頂上まで残り1㎞からの疲労は感じませんでした。つくづく体力が落ちていることを痛感させられました。