挑戦!!フルマラソンをあと何回完走することができるか?

ダイエットがきっかけで始めたウォーキング。
日が経つにつれ、ジョギングになり、今ではフルマラソンが走れるようになりました。
折しも60歳を超えた頃から、タイムは縮まらなくなり、「年齢」を感じています。
これから先、何回のフルマラソンを完走することができることやら?

2018年09月

第24回四万十川ウルトラマラソンまでもう間近。不安だらけ

1.四万十川ウルトラマラソンまでもう間近

8月26日(日)の「北海道マラソン2018」が終わって、真夏のフルマラソンを完走したことに「自己満足」している間に、早1か月が経ちました。
体は十分回復しておらず、10月21日(日)には、四万十川ウルトラマラソンが開催されます。

2.9月度月間走行距離

月平均120㎞があたりまえでしたが、9月度に関しては80㎞も走っていません。

●9月2日(日)
大会後、一週間ぶりに疲労抜きジヨグ(LSD)を行いましたが、疲労抜きどころか、大会後痛めていた右腰が再び痛くなるし、左足アキレス腱まで痛くなりました。

●9月5日(水)
無理は禁物と、軽くジョギングで4.6㎞走ってみました。余り痛みは変わりません。それから3日間休養をとるとアキレス腱の痛みもなくなりました。
治ったのかなあ~。

●9月10日(日)
10.0㎞ほど走ってみました。
翌日、やはりアキレス腱に痛みがでます。

●9月13日(木)
無理をせず、7.4㎞で止めました。
翌日のアキレス腱の痛みはあるものの、多少の痛み程度でした。

●9月16日(日)
10㎞走に戻してみました。やはり翌日のアキレス腱の痛みは消えません。それでも2日間休養をとると痛みはなくなります。

●9月19日(水)
ちょっと距離をのばして12.6㎞を走ってみました。
翌日、アキレス腱の痛みは前回より激しく3日間休養をとるとやはり痛みは消えます。

●9月23日(日)
13.0㎞走ってみました。翌日は、いままでにない痛みです。これはやばい。全然、完治していない。
その後は距離を減らし、筋肉をほぐす程度の走りにしています。

ネットで調べてみると、アキレス腱の痛みについて「一番の治療方法は運動(走り)を休むことです。2~6週間安静にしておればある程度治ってきます。」とあります。

それはわかります。でも、ついつい走ってしまうのです。じっとしておれないのです。6週間も安静にしているなんて考えられません。ましてや四万十川ウルトラマラソンが近づいているこの時期に・・・・


無題














3.アキレス腱炎の発症

アキレス腱炎とは、「加齢」と「使い過ぎ(OVERUSE)症候群」の状態で、アキレス腱に過剰な負担がかかる原因によりアキレス腱に微小な断裂が起き、痛み・腫れが生ずるものです。
まさに左足のアキレス腱の痛みは「アキレス腱炎」によるものと思われます。ただ、私としては病院に行って治療するという考えはありません。独自に努力によって治癒するのを待つのが定番です。今までもそうしてきました。

4.10月度練習予定

ただ、完治しないまま大会で走ることは大変無茶・無謀な行動であることは分かります。
直近では、4.1㎞を走って翌日、「ほんの少し痛みが残っているかなあ。」と言うところまで回復?はしてきました。次回10㎞走に挑戦してみて、翌日の痛み具合を見ながら、これからの練習を考えていきたいと思います。
どちらにしても、完治しないことには走ることはできません。ホテルのキャンセル(キャンセル料なし)ができる3日前までには大会にでるかどうかを決めなくてはなりません。

「第57回愛媛マラソン」に当選しました。

1.愛媛マラソンとは

第57回愛媛マラソン 

第57回愛媛マラソン大会パンフレットから
FullSizeRender

コース

愛媛県庁前をスタートし、堀之内の城山公園をフィニッシュとする「愛媛マラソン松山長距離競争路」(42.195㎞、日本陸連公認)で行います。

第57回愛媛マラソンHP コースから

FullSizeRender

2.エントリーのスケジュール

①8月20日(月):一般エントリー開始
②8月31日(金):一般エントリー終了

 ●定員          :10,000名
  アスリート先着   : 3,000名
  一般抽選    : 7,000名
  ●エントリー数    :23,650名(アスリート+一般)

③9月27日(木):抽選結果発表
 →当選
 

3.これまでの抽選結果

第52回当選:32㎞時点でリタイア(腸脛靭帯炎に依る)
第53回当選:完走
第54回落選
第55回落選
第56回落選

第57回当選
IMG_1795

4.意気込み

 58歳で走った「第53回愛媛マラソン」から4年が経過しました。3回の落選を経験し、やっと当選することができました。喜びもひとしおです。

前回走った時と比べれば体力は著しく低下しています。すんなりと完走できるとは思っていません。

一般エントリー抽選で沢山のランナーが落選して悔しい思いをしています。私も何回も同じ思いを経験してきました。当選したからには、今までの悔しさを晴らすつもりで持てる力を100%出し切って、悔いを残さないよう完走したいと思います。

はじめての四万十川ウルトラマラソン。完走できるか?

1.なぜ「ウルトラマラソン」と言うのか?

まず、ウルトラと聞けば、我々の世代だと「円谷プロのウルトラマンシリーズ」が頭に浮かびます。何か関係でもあるのでしょうか?

どうも「ウルトラマラソン」とは、42.195㎞を超える道のりを走るマラソンのことだそうです。

2.「四万十川ウルトラマラソン」とは

FullSizeRender 


























四万十川ウルトラマラソンは、「100㎞マラソンの部」と「60㎞マラソンの部」が併設されたウルトラマラソン大会です。高知県四万十市と高知県高岡郡四万十町にまたがるコースで、「日本最後の清流」を眺めながら走り、雄大な自然を堪能することができます。

3.当選はしたものの

2年前、「60歳を迎えた年に60㎞を完走し思い出にしたい」とエントリーしました。結果は落選です。その後は、勢いだけでエントリーし、翌年も落選。62歳を迎えた今年、やっと当選することができました。

当選はしたものの、当初走ってみたいと息巻いていた時から2年が経過し、あの頃と比べても体力は著しく落ちてきています。フルマラソンでさえ、途中で歩きを入れ、やっと完走している状況で、「四万十川ウルトラマラソン60㎞」で完走できるのか?だんだんと不安がこみ上げてきます。

ましてや、今回は「北海道マラソン2018」を走った2か月後の大会です。当初は余裕の2か月と考えていました。2か月あれば十分な走り込みをして、万全の体制で大会を迎えることができると高を括っていました。が、あっと言う間に1か月が過ぎ、大変焦っているのが現実です。実際、真夏のフルマラソンは思った以上に体に負担がかかっており、疲労がなかなか抜けません。未だに右腰と左足のアキレス腱の痛みはなくならず思うように走れていません。

それでも大会は日に日に近づいてきています。

4.これからの課題

9月16日の週:10㎞走・10㎞走
9月23日の週:20㎞走・10㎞走
9月30日の週:30㎞走・10㎞走
10月7日の週:20㎞走・10㎞走
10月14日の週:10㎞走
10月21日:大会当日

スピードよりも持久力をつけることに重点を置き、怪我(故障)をしないよう注意しながら練習していきたいと思っております。

プロフィール
1956年生まれ
愛媛県育ち
シニア世代の
マラソン挑戦記

平成29年8月14日から
ブログを始めました
ブログ初心者です。
温かく見守って
下さい。
フルマラソン完走記録
○東京マラソン2019
○第57回愛媛マラソン
○北海道マラソン2018
○とくしまマラソン2018
○とくしまマラソン2016
○第1回おかやまマラソン
○第53回愛媛マラソン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 東京オリンピック2020の2次抽選に応募しました
  • 東京オリンピック2020の2次抽選に応募しました
  • 東京オリンピック2020の2次抽選に応募しました
  • 東京オリンピック2020の2次抽選に応募しました
  • 「第35回NAHAマラソン」目前で「ランニングのお供」、遂に寿命が尽きる!!
  • 「第35回NAHAマラソン」目前で「ランニングのお供」、遂に寿命が尽きる!!
お問い合わせ