挑戦!!フルマラソンをあと何回完走することができるか?

ダイエットがきっかけで始めたウォーキング。
日が経つにつれ、ジョギングになり、今ではフルマラソンが走れるようになりました。
折しも60歳を超えた頃から、タイムは縮まらなくなり、「年齢」を感じています。
これから先、何回のフルマラソンを完走することができることやら?

練習ラン

「第59回愛媛マラソン」は、開催することを前提に準備を進めるようです

フルマラソンの大会が「新型コロナウイルス感染症」の影響で次々と中止になっています。

1.開催中止・延期の大会

1-1.第10回神戸マラソン

1年程度延期
※第10回神戸マラソン HPから引用※
FullSizeRender

1-2.第10回大阪マラソン

開催中止
※第10回大阪マラソン HPから引用※
FullSizeRender


上記2大会(第10回神戸マラソン・第10回大阪マラソン)は、当選したら絶対走りたかった大会です。

それ以外でも、私が興味を持っている大会では

1-3.第26回四万十川ウルトラマラソン

開催中止
※第26回四万十川ウルトラマラソン HPから引用※
FullSizeRender

1-4.金沢マラソン2020

開催中止
※金沢マラソン2020 HPから引用※
FullSizeRender

1-5.おかやまマラソン2020

開催中止
※おかやまマラソン2020 HPから引用※
FullSizeRender

1-6.福岡マラソン2020

開催中止
※福岡マラソン2020 HPから引用※
FullSizeRender


2.開催検討中(6月27日現在)

2-1.富士山マラソン2020

7月31日(金)開催可否判断
※富士山マラソン2020 HPから引用※
FullSizeRender

2-2.第15回湘南国際マラソン

開催検討中
※第15回湘南国際マラソン HPから引用※
FullSizeRender

2-3.第36回NAHAマラソン

開催検討中
※第35回NAHAマラソン HPから引用※
FullSizeRender

私の知っている限りでは、

10月開催予定の大会は、全滅。
11月開催予定の大会は、11月29日(日)以降に開催予定の大会が検討中となっています。

「右に倣え」の傾向が強く、先陣を切って開催する大会がありません。このままの状況が続けば年内に開催されるフルマラソン大会は一つもないかも知れません。

3.第59回愛媛マラソン

そんな中、「第59回愛媛マラソン」の実行委員会が開かれ、開催することを前提に準備を進めることが確認されたようです。

来年の2月かあ〜

楽しみな反面、年内走れそうな大会が見つからないのが寂しい限りです。

・・・・・

4月に痛めた右足の脹脛(ふくらはぎ)が完治するのに一か月半かかり、その間は真面に走ることができませんでした。

それだけで体力は著しく落ち、完治してから一か月が経過しましたが、平常の走りを取り戻すことができません。

それでも次回の大会の為には・・・
ところが次回の大会が中々見えてきません。

4.6月27日(土)の練習


FullSizeRender

IMG_2741

5.令和2年6月の練習

FullSizeRender
休日には、せめてハーフを走りたかったのですか、体力が万全でなく無理でした。

練習は続けているものの

モチベーションが・・・
モチベーションが、落ちてしまいそうです。

何か目標を見つけなければ。

「第58回愛媛マラソン」を終え、来シーズンに向けての練習で災難が降りかかりました

「第58回愛媛マラソン」の反省として、「平田の坂」と「頻繁にあるアップダウン」を克服する為には、変化のない平坦な道を10Km・20Km黙々と走っているだけでは結果が出ないことにやっと気が付きました。(遅いくらいです)

心拍機能と坂道を余裕で登り切れる筋肉をもっと鍛えなければ・・・

1.来シーズンに向けて

そこで、今日から「インターバル走(200m✖️4本)」を試してみることにしました。

先ずは、中央公園の周回コースでウォーミングアップ。

いつもながら「地面に着地した時の足音が大きい」ことが気になります。

(足裏の真ん中辺りで着地していることで、着地と同時にブレーキをかけているようで、スピードが出にくく、疲れやすいのでは?)

つま先で着地したらどうだろう。今更ながら試してみました。

中央公園を1周する頃には、身体も幾分軽くなってきました。身体がどんどん前に進む気もします。足音も小さくなりました。(成果はありそうです。)

河川敷は、歩行者・自転車専用道で長い直線となっていて「インターバル走」に打って付けだと思い、行くことにしました。

2.突然の転倒

中央公園から河川敷に行くには道路を横断しなければなりません。信号がないので、車に注意しながら横断し終えました。

(昼間に撮影しました)
IMG_2507



















河川敷には坂道を上がらなくてはなりません。
(現場:昼間に撮影しました)
IMG_2506




















坂道は分かっていましたが、道路を無事渡り終えた安心感で油断していたのと暗かった事もあり、坂道手前の段差でつまづいて転倒してしまいました。

「ドテッ!!」
走っていたので一瞬の出来事でした。

川の土手で「ドテッ!!」
笑い話ではありません。

左手は手の平から、右手は甲から転倒。たまたま今日に限って、手袋をしていなかったので冷え切った手は痛くて痛くてかないません。

口に手をやると、白のウインドブレーカーに血が「ベットリ」つきました。

歳のせいなのか転倒する時に手は出るものの防ぎきれません。顔から地面に突っ込んでしまいました。

転倒した弾みで「眼鏡」が吹っ飛んでしまいました。

3.親切なおじさん

転倒した拍子に吹っ飛んだ「眼鏡」を暗い中、必死に探していました。唇から流れる血を手で押さえながら。

転倒した周囲をウロウロ探していると、どこからか、おじさんがやって来て「どうしましたか?」と心配そうに尋ねてきました。

「転倒した時に、「眼鏡」が吹っ飛んで見つからないのです。」

おじさんはすかさず「明かりを出しますので、ちょっと待ってネ」と言って、持っていたリュクに手を入れました。

「すみません」と言ったものの、ふと、我に帰り、「周りは暗いのに、やけに鮮明に見えるなぁ〜。」と顔に手をやると、吹っ飛んだと思っていた「眼鏡」が、しっかりあるではないでしょうか。

おじさんは、リュクの中をまだ探しているようです。

「すみません。「眼鏡」ありました。顔に付いたままでした。ご心配をおかけしました。」

丁重に御礼を言い別れました。なんか恥ずかしい気分です。

見ず知らずの私に心配し一緒に探してくれようとして、本当に親切なおじさんでした。

改めて、
ありがとうございました。

4.怪我の状況

4-1.左手

手のひらに、1mm程度の小石が1個くいこんでいましたが、簡単に取り除くことができました。

4-2.右手

手の甲に3箇所の擦り傷。

今日に限って、手袋が見つからずしていませんでした。手袋をしていれば、手の傷は免れたはずなのに。後悔先に立たず。

4-3.右肩

風呂から出て、鏡を見てビックリしました。右肩全体が、青あざになっていました。

4-4.右膝

ジャージを脱ぐと、5cmの楕円形で擦り傷になっていて、血が出ていました。

4-5.鼻の下・唇

最悪の状況です。鼻の下の擦り傷と、上唇の5mmの切り傷。止血するのに時間がかかりました。幸いにも、前回転倒した時みたいに、歯がずれることはありませんでした。

5.衣服の破損

5-1.アシックスジャージ

右膝部分が10cm程度の破損

5-2.モンベルウインドブレーカー

右肩部分が5cm程度の破損

5-3.眼鏡

眼鏡の右側レンズの右端擦りキズ

6.まとめ

「インターバル走」を始めようと、意気揚々と練習をスタートしましたが、思わぬ所で転倒してしまい、手のひらは痺れるし、膝は痛いし、くちびるからは血が出るし・・・

出る血を拭きながら、意気消沈して歩きで帰りました。当然、「インターバル走」は1本も走っていません。

悲惨な練習になってしまいました。

気をつけよう、暗い夜道と急な坂!!

「第35回NAHAマラソン」完走に向けて残暑の中でのランニング

1.第35回NAHAマラソン

「第35回NAHAマラソン」は、12月1日(日)に開催されます。
FullSizeRender

以前から走ってみたかった大会の1つでしたが、スケジュールが調整できなかったり、申し込みが抽選であったりして面倒でエントリーしませんでした。

今年は「第9回神戸マラソン」・「第9回大阪マラソン」と立て続けに落選し、ガッカリしていました。そんな中、「第35回NAHAマラソン」を見つけました。今回から申込受付方法が抽選から先着順に変更されました。まだ申込の受付開始が来ていなかったのでエントリーすることにしました。

12月の大会と言っても、沖縄は南国です。気温は毎回20℃を超える暑い大会となっています。

第34回 最高気温26.4℃(午後2時現在)

第33回 最高気温22.9℃(午前12時現在)

第32回 最高気温27.4℃(午後1時現在)

真夏の北海道マラソンも北国に関わらず25℃前後の暑い中での大会でした。NAHAマラソンは初冬でも20℃を超す暑い大会となっています。・・・暑さ対策が必要です。

2.暑熱順化

「暑熱順化」とは、身体が暑さに慣れることです。

夏の日曜日は、少しでも涼しい時間帯を狙って早朝(06:30)からランニングを始めます。しかし「第35回NAHAマラソン」に向けて暑さに慣れておくことが必要です。
そこで、今日(9月7日土)は敢えて早朝のランニングを止めて16時49分夕方からにしました。

3.ランニングスタート

会社の休みの日は、時間に余裕があるので、LSD(ロングスローディスタンス)に当てています。先週日曜日は、久々に15㎞をランニングしましたので、今日は20㎞にしようとスタートしました。

最初は意気込みだけで走っていました。

午後5時夕方といえども暑さは半端なく、凍らした「アミノバリュー」はあっと言う間に解けて、生温くなっていました。

血液は沸騰したかのように暑くなって体中に流れ、体温がどんどん上昇していくのが分かります。日差しは直接体にあたり、またコンクリートからの照り返しもあり、久々に過酷なランニングとなりました。

予定の20㎞など到底走り切ることなどできそうにありません。せめて10㎞ぐらいでも。

毎回走っているコースなので距離は分かります。まだ、5㎞も走っていないはずです。それでも体は10㎞以上は走っているかのような疲労感です。

無題











水分を頻繁に補給し、木陰を見つけてランニングしても、暑さで苦しくて苦しくて、堪りません。
7㎞を過ぎた頃、後3㎞死にもの狂いで走って10㎞で終わらせるか?、これ以上無理はせず、切りのいい8㎞にするか?迷いながら走っていました。

8㎞のアラームが鳴りました。このまま、死にもの狂いで走って死んでしまってもいけません。無理はせず、ここで止めることにしました。最初の20㎞が何と8㎞しか走れなかったのです。

やはりマラソンは冬のスポーツです。灼熱の中でのランニングは無謀としか言えません。
・・・・後で気温を確認したら

4.気温

暑いはずです。

FullSizeRender
丁度、ランニングしていた時間帯(16:49〜17:42)の気温は、31℃を超えているではありませんか。残暑、厳しいと言っても異常過ぎます。この暑さにもかかわらず、ランニングなどあり得ません。改めて8㎞走れたことに驚きました。

もう、60歳を超え、無理の効かない年齢になっていますので、よく考えてランニングしなければなりません。


プロフィール
1956年生まれ
愛媛県育ち
シニア世代の
マラソン挑戦記

平成29年8月14日から
ブログを始めました
ブログ初心者です。
温かく見守って
下さい。
フルマラソン完走記録
○第58回愛媛マラソン
○第35回NAHAマラソン
○東京マラソン2019
○第57回愛媛マラソン
○北海道マラソン2018
○とくしまマラソン2018
○とくしまマラソン2016
○第1回おかやまマラソン
○第53回愛媛マラソン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 四国八十八景NO48(静寂に包まれた美しい苔庭)こけむしろ
  • 四国八十八景NO48(静寂に包まれた美しい苔庭)こけむしろ
  • 四国八十八景NO48(静寂に包まれた美しい苔庭)こけむしろ
  • 四国八十八景NO48(静寂に包まれた美しい苔庭)こけむしろ
  • 四国八十八景NO48(静寂に包まれた美しい苔庭)こけむしろ
  • 四国八十八景NO48(静寂に包まれた美しい苔庭)こけむしろ
お問い合わせ