富士登山(3泊4日)行程表
4日目
新宿朝食(ホテル)
ワシントンホテルチェックアウト
(徒歩)
新宿駅
(JR総武線)
信濃町駅
(徒歩)
新国立競技場
(徒歩)
信濃町駅
(JR総武線→JR山の手線)
原宿駅
(徒歩)
11:30原宿ティファニー@キャットストリート
東京都渋谷区神宮前6-14-5
カフェ11:30~
(徒歩)
原宿駅
(JR山の手線)
品川駅
(徒歩)
13:00品川マクセルアクアパーク品川
(徒歩)
15:30品川駅
(京急本線快特)
16:00
羽田航空国内線ターミナル駅
(徒歩)
17:15羽田羽田空港出発
(ANA)
18:40松山空港到着

↑ ※あくまでも予定です。



登頂を達成することはできませんでしたが、怪我もなく無事に下山できて何よりでした。

本日、夕方の飛行機で帰ります。それまでは、折角ですので都内観光をすることにしました。

1.朝食(06:33)

お洒落な本館25階レストラン(マンハッタンテーブル)での朝食。ガッツリいただきました。窓からは新宿都庁が見え抜群のロケーションで食べることができました。


IMG_1888


2.チェックアウト(07:30)

「やまどうぐ屋レンタル」に登山用品(ザック・ゴア雨具上下・ヘッドランプ)を返却に行きました。


午前は06:00〜09:00まで営業しており、ホテルから新宿駅に行く途中で返却でき非常に便利でした。(大和家ビル6階。写真のビル6階)


IMG_1873

JR山手線「新宿」→「原宿」


3.原宿駅周辺

3-1.原宿駅


IMG_1877


3-2.竹下通り

朝(08:00)、早かったので、さすがに人並みはありません。
IMG_1876

JR山手線「原宿」→「渋谷」


4.渋谷駅界隈

4-1.駅周辺


何故か?モヤイ像が。


待ち合わせの定番スポットの忠犬ハチ公像。スクランブル交差点からは渋谷109が見えます。


IMG_1886


4-2.スターバックスコーヒー

スクランブル交差点の正面にはスターバックスコーヒーが。2Fから世界的に有名な「渋谷スクランブル交差点」を眺めながらコーヒーを☕️
IMG_1887
4-3.渋谷ヒカリエ

渋谷駅東口周辺が再開発され、昔の面影がありません。
IMG_1893

JR山手線「渋谷」→「品川」


5.マクセルアクアパーク品川

音、光、映像と生きものが融合した水族館を超えたTOKYO最先端エンターテインメント。

5-1.入口

IMG_1919


5-2.NAKED 花火アクアリウム


が開催されていました。

音と光のアートが打ち上がる、海の中の花火大会(HPから引用)

今の季節にピッタリのイベントです。

IMG_1898


5-3.ドルフィンパフォーマンス

この歳になって、今更イルカのショー。と思っていましたがイルカのパフォーマンス、凝った演出に思わず拍手をしていました。
IMG_1917

京急本線快速「品川」→「羽田空港国内線ターミナル」


6.羽田空港

当初、59番搭乗口からの出発が、63番搭乗口に変更。

IMG_1921



ところが搭乗する予定の飛行機に整備が必要になりました。結果的に機材(飛行機)を変更する事になりましたが変わりの機材(飛行機)の手配がつかず2時間50分遅れとなりました。搭乗口も61番搭乗口にまたまた変更です。出発が最終便(19:40)より遅くなりました。


IMG_1925


長生きすると、色々体験します。

2時間50分待ちも初めての経験ですが、「飲食費2000円」と「交通費事後精算の封筒」を貰ったのも初めてでした。

IMG_1924


それでも、無事自宅まで帰る事ができ、富士登山は終了です。(ちなみに最終便は欠航になりました)

予約した当初は、翌日も会社はお休みだったのに、何故、最終便を予約しなかったのか後悔していましたが、もし最終便だったら、無駄に1泊して翌日帰ることになるところでした。よかった!!よかった!!



最後に
??なぜ、富士山の山頂に立つことができなかったのかを真剣に考えてみました。??


富士山の3400mでリタイアした原因


①体重増加


ベスト体重が60kg。ちなみに現在64kg。体重増加は把握していて、2週間前から減量を試みていましたが達成することができませんでした。4kgもの余計な荷物を身に纏っての登山となりました。


②体力不足



重い登山靴は、マラソンで履いている軽いクッション性のあるシューズとは違い、長時間の登山で体力を消耗してしまいました。

③サイズSの雨具ズボン

窮屈感があり歩き辛かった。ジャージの上に履いたことにより、窮屈感は更に増し歩き辛くなりました。足を上げるのに体力を必要以上に消耗してしまいました。

この3点につきると思います。

原因は分かりました。
これから先、もし、再び富士登山のチャンスが訪れるようなことがあれば「リタイヤした原因(反省)」を踏まえて臨みたいと思います。

・・・・が、もうないのではと思います。