挑戦!!フルマラソンをあと何回完走することができるか?

ダイエットがきっかけで始めたウォーキング。

日が経つにつれ、ジョギングになり、今ではフルマラソンが走れるようになりました。

折しも60歳を超えた頃から、タイムは縮まらなくなり、「年齢」を感じています。

これから先、何回のフルマラソンを完走することができることやら?

2020年12月

2020年走り納めの練習ラン(1年を振り返って)

1.走り納め(2020年12月30日)

強い冬型の気圧配置の影響で、朝から強風が吹き荒れる天候となりました。

いつものコースを練習ラン。
2020年最後の練習ラン。

走り納めとなりました。

12月26日(土)のRUN as ONE-GLOBAL Virtual Run Series 2020/2021 1st Challengeで張り切って走った為、疲れが残っていました。

疲れを取る為の疲労回復ジョグにしようと、超スローペースで走り始めました。

いつものコースは河川敷。
IMG_3828
※重信川川上に向かって北側河川敷

この時期、午前中は風がキツいのですが、今日は特別でした。

西からの強風で、
向かい風の時は、身体を15度傾けても倒れません(チョット大袈裟‼️)
ペースが上がらず、走っている姿はスローモーションのようで、前に進みません。

IMG_3829
※重信川川下に向かって南側河川敷

追い風になると、風に背中を押されて勝手に足が進みます。

IMG_3830
※重信川川上に向かって南側河川敷

また、
寒波の影響で気温が低く、霰(アラレ)?・雪?まで降ってくる始末。

IMG_3831
※重信川北側と南側の河川敷を結ぶ橋

散々の走り納めとなりました。

2.1年を振り返って

コロナウィルスの影響でほとんどのマラソン大会が中止・延期となりました。そんな中、唯一走る事ができたリアル大会が、2月に開催された「第58回愛媛マラソン」でした。

マラソンシーズンを迎えた10月からは、バーチャルマラソン・オンラインマラソンが全盛期を迎えました。

自分は「旅ラン」が大好きで、マラソン大会開催地を走らない大会など参加しても意味が無い。と思っていました・・・が、

それでも、モチベーション・体力の維持のため、11月には「富士山マラソン2020 TATTA RUN」に参加していました。

2-1.1月

「第58回愛媛マラソン」に向けて最後の追い込み。ついつい気合いが入り月間走行距離を142.9Km走っていました。

2-2.2月

第58回愛媛マラソン」を出走。

2-3.3月〜5月

「第58回愛媛マラソン」後の疲労と無理なインターバル走で右足がアキレス腱炎になり、十分な練習ランができませんでした。

2-4.6月〜10月

リアル大会に参加するスケジュールが無く、取り敢えず走るか?の日々が続きました。月間走行距離も平均80Km程度に落ち込みました。

2-5.11月

富士山マラソン2020 TATTA RUN」を出走。

2-6.12月

「RUN as ONE-GLOBAL Virtual Run Series 2020/2021 1st Challenge」を出走。


2020年の後半は練習ランで無理をしなかった分、故障・怪我のない新年が迎えられそうです。

FullSizeRender
年間走行距離:1144.6Km




「TMF Virtual Run 1st」を走ってきました

1.はじめに

正式には、「RUN as ONE-GLOBAL Virtual Run Series 2020/2021 1st Challenge」と言うようですが長過ぎるので、ここでは「TMF Virtual Run 1st 」とします。

1-1.「富士山マラソン2020 TATTA RUN」や「おんらいん京都マラソン2021」は、

●決められた期間内にエントリーした距離を走り切れば完走。

●エントリー料は意外と高い。
参加賞があったり、完走メダルを貰えます。

●順位付けなし

●TATTA(大会連動型トレーニングアプリ)を利用

1-2.TMF Virtual Run 1stは、

●決められた日時(12月26日07:00〜17:00)に10Kmを走れば完走。

●エントリー料は安い。
参加賞・完走メダルはありませんが、抽選で50名に東京マラソン2022の出走権が当ります。

●順位付けあり
総合
年代別
性別
居住地別のランキングあり

●ASICS Runkeeper(ランニングアプリ)を利用

楽しみ方は人それぞれ。リアル大会が開催されないコロナ禍の中、どちらも侮れない大会となっています。

2.事前準備(前日)

2-1.ウェアー

大会用に大切にしまっていたウェアーを着用することにしました。

練習の一環でエントリーしましたが大会には変わりありません。

走っている時の声援・応援はありませんが、大会用のウェアーで走れば大会の気分が味わえます。アドレナリン効果で好タイムが出ることを期待することにしました。

2-2.GPS時計充電

用心の為、100%充電。

3.ウォーミングアップ(当日)

3-1.自宅

目覚めて直ぐの筋肉は硬くなっているので、ストーブの前で温めながら入念にふくらはぎやアキレス腱周辺をマッサージ。

3-2.公園

身体全体の筋肉に刺激を与え、体を温めるためのストレッチ。

3-3.ゆっくりペースでジョグ

最初からハイペースで走り出すと疲れが早いので、2Kmをゆっくりペースでジョグしてからのスタート。

4.スタート(計測開始)

河川敷のコースを走りました。

川上に向かって走る時は
強い向かい風に緩やかな上り。
練習ランのペースより早い分、非常にきつい。

折り返し、

川下に向かって走る時は、
追い風で緩やか下り。
身体が楽になった分、ペースを一段階アップ。

FullSizeRender
FullSizeRender
完走しました。

IMG_3811

もう「これ以上のタイムを望むのは難しい」とつくづく感じました。

練習とは違って必死に走り切りました。これ以上はどう足掻いても無理!!と思えるぐらい。

完走後は思わず朝食を吐いてしまいそうになりました。

5.事後処理

GPS時計のデータをGARMIN Connectに取り込む。

GARMINとASICS Runkeeperは連動させているので、ASICS Runkeeperに走行データは反映されていました。

後は、

ASICS Runkeeperとランキングサイトは連携されているのでOK。
FullSizeRender

のはずです。・・・が、

現時点(12月26日10:44)でランキングサイトに走行データが本当に反映されているのか確認できなくて大変不安です。

6.ランキングの確認

「イベントにご参加いただいたランナーの皆様へ」のメールを受信(17:00)

メールには、「速報ランキングページはこちら」とあり、URLが貼り付けられていました。

URLを開くと
FullSizeRender

検索画面が表示されました。

まず、感じたことは先着4,000人の募集のはずなのに、参加人数が1,814人しかいません。
こんなに少ないの?

自分のエントリーNOを入力しランキングを検索しました。

ところが、ところが、
自分の名前が出てきません。

何回やっても出てきません。

頭が真っ白になりました。手順通りに準備は完了している筈なのに。

電話で問い合わせるも電話が通じません。月曜日まで待つしか無いようです。(12月26日19:00現在)

もう1度確認すると、参加人数が1,830人になっていました。まだ途中経過なのか?

もう少し待ってみます。


●一日が経過しました。(12月27日19:15現在)
自分の名前は出てくるか?

やはり出てきません。

参加人数:2056人
前日よりは人数が増加していますが、

・・・もしかして「手作業?」

●28日(月)の朝(6時15分現在)になりました。

早速確認してみることにしました。
もうドキドキです。

自分のエントリーNOを入力すると・・・

名前が表示されました。
やっと表示されました。やっとです。
こんなに時間がかかるものなの?

まあ、
それでも表示された事にホッとしました。 

まだ速報なので確定するまで楽しみに待つことに!!

7.ランキング確定

12月30日(水)ランキングが確定した旨のメールがありました。

ランキングは・・・
IMG_3834
総合ランキング:990位/2978人中

一番関心のある東京マラソン2022の出走権については、

7-1.総合ランニングのキリ番で10名に付与

12位
26位
777位
1226位
2020位
100位
500位
1000位
2000位
3000位

まず、12位・26位・777位・1226位・2020位のキリ番の基準がよく分かりませんが?

3000位は、
完走者が2978名しかいないので該当者無し?

自分の場合、990位で10位違いで、1000位になれませんでした。キリ番では落選。

7-2.抽選で40名に付与

当選結果が、2021年1月8日(金)にメールで案内があります。

後は40名に当選することを期待するだけです。

8.抽選結果の発表

1月8日(金)がついにやってきました。

待ちに待った抽選結果の発表日です。「東京マラソン2022の出走権」を獲得する為に参加したマラソン大会。

参加人数は先着順で4,000名。完走した方の中から抽選で合計50名にプレゼント。

のはずでしたが、

一部の方のデータが反映されない事象が発生した為、今回に限り参加者(2,978名)を抽選対象とさせていただきます。と変更されました。

当初思っていた、

4,000名の中から50名。
と比べたら

2,978名の中から50名。
なので少しは当選し易くなったのでは。
ルールが変更されましたが、まあーいいか!!



結果はいかに・・・?

落選でした。

やはり
落選か。くじ運悪いこと。

次回のTMF Virtual Run 2ndにエントリーして
今度こそは、「東京マラソン2022の出走権」を獲得しよう。

挑戦は続きます。



おんらいん京都マラソン2021にエントリーしました

オンラインマラソンも第3弾となりました。

●第1弾(11月):
富士山マラソン2020

●第2弾(12月):
TMF VIRTUAL RUN(RUN as ONE-GLOBAL Virtual Run Series 2020/2021 1st Challenge)

そして今回、

●第3弾(令和3年1月〜2月)
おんらいん京都マラソン2021にエントリーしました。
FullSizeRender
※京都マラソン2021HPから引用




京都マラソンは


毎年エントリーはするものの当選倍率が高く当選したことがありませんでした。

前回までは
京都マラソンのエントリー時期になると、
京都マラソンの開催日が愛媛マラソンの2月と東京マラソンの3月の間にあるので、

●愛媛マラソンに当選して、京都マラソンにも当選したら、短い期間に2つのレースが走れるだろうか?

●または京都マラソンに当選して、東京マラソンにも当選したら、やはり短い期間に2つのレースが走れるだろうか?

と、ついつい心配していました。

今回は「第59回愛媛マラソン」は1年程度の延期。「東京マラソン2021」も2021年10月17日(日)に延期。一切心配する必要がありません。

1.おんらいん京都マラソン2021

京都マラソンのリアル大会は絶大な人気を誇っていますが、流石にオンラインマラソンは実際に京都を走る訳でもなく、人気があるとは思ってもいませんでした。

●開催期間:
令和3年1月23日(土)0:00〜2月21日(日)23:59

●種目:マラソン(42.195Km) 

●注意事項
事前にTATTAとRUNNET IDと連携が必要です。

2.12月1日(火)12:00エントリー開始

12:00になると同時に

一般枠のエントリー画面を開くと、
何と、エントリー待ち状態となりました。カウントダウンはするものの、何回もエントリー待ち状態が続きます。

まさかオンラインマラソンでこんなに人気があるとは予想外でした。

定員が
個人:7,100人

個人の定員には、
京都市民枠:1,000人
東日本大震災復興支援枠:100人
ふるさと納税枠:1,000人
海外枠:1,000人

が含まれます。

残りが国内一般枠で人数がかなり少なくなります。また、先着順で定員に達したら締め切られるのが人気が高くなった一因ではないのかと思いました。

12:10エントリー画面に接続できました。
必要事項を入力して完了。


尚、個人部門(一般枠)は12月1日(火)エントリー数が定員に到達しました。

3.エントリー代支払

参加料:3000円
東日本大震災復興支援義援金:500円
手数料:220円

計:3720円

4.エントリー完了

4-1.RUNNETのエントリー履歴

FullSizeRender
エントリー完了。

4-2.TATTAの大会画面


FullSizeRender
TATTAとRUNNETの連携完了。

これで準備は完了です。後は、1月23日(土)を待つだけです。




プロフィール
1956年生まれ
愛媛県育ち
シニア世代の
マラソン挑戦記

平成29年8月14日から
ブログを始めました
ブログ初心者です。
温かく見守って
下さい。
フルマラソン完走記録
○第58回愛媛マラソン
○第35回NAHAマラソン
○東京マラソン2019
○第57回愛媛マラソン
○北海道マラソン2018
○とくしまマラソン2018
○とくしまマラソン2016
○第1回おかやまマラソン
○第53回愛媛マラソン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 「東京マラソン2021/2022」の出走権を獲得する為に「力戦奮闘」中‼️
  • 「オンライン京都マラソン2021」の参加賞が届きました
  • 「オンライン京都マラソン2021」の参加賞が届きました
  • 「オンライン京都マラソン2021」の参加賞が届きました
  • 「オンライン京都マラソン2021」の参加賞が届きました
  • 「オンライン京都マラソン2021」の参加賞が届きました
お問い合わせ