5月26日(水)帰宅後、
夕食を済ませ・・・
公園でランニング前のストレッチ。雲っているせいか暑くありません。5月下旬にしては肌寒い位です。絶好のランニング日和。








5月最後のランニングは10km走。

ゆっくりペースで走り始めました。体調が良いせいか、徐々にスピードを上げても疲れがでません。

あっと言う間に、10kmを走り切りました。
身体が軽い。絶好調。これなら大会でも良い記録が出せそうです。

FullSizeRender

1.月間(5月)走行距離

故障や怪我も無く安定したランニングをすることができました。持久力のUPに向けて「20Km」走を達成することもできました。

FullSizeRender


2.最大酸素摂取量

「男性」・「64歳」のユーザーの中で上位30%に入っているのには驚きです。

フィットネス年齢が53歳に、心の中でにっこり微笑みました。
FullSizeRender

3.最大酸素摂取量の推移

1月中旬:
左足の脹脛故障により真面に走ることができず、維持していた36の数値は35→34と落ちていきました。

2月下旬:
故障も完治し、走れようになると数値は35→36と上昇して故障前の数値に‼️

3月以降:
地道な練習により、数値は37→そして今回のランニングで38を達成することができました。数値は大きいほうが良いので、市民ランナーとしてはうれしい限りです。

成果が出てきています。

FullSizeRender


4.トレーニングステータス

絶好調な筈です。
現在、理想的なレース条件のようです。体調はピークのようです。
FullSizeRender

ただ、「東京マラソン2021」は10月なので、この状態を維持することは極めて難しく、これからどうすれば良いのか?


思案中です。