挑戦!!フルマラソンをあと何回完走することができるか?

ダイエットがきっかけで始めたウォーキング。
日が経つにつれ、ジョギングになり、今ではフルマラソンが走れるようになりました。
折しも60歳を超えた頃から、タイムは縮まらなくなり、「年齢」を感じています。
これから先、何回のフルマラソンを完走することができることやら?

旅行

高知を観光するなら断然おトクな「龍馬パスポート」がお勧めです

高知旅行の下調べをしていると・・・

沢山のパンフレットで高知観光に欠かせないお得アイテムとして「龍馬パスポート」が紹介されていました。

高知県民は当たり前のように活用しているようですが、愛媛県民には余り馴染みの無いアイテムです。いろいろ調べていくと、

●約700の観光施設で特典(料金割引やプレゼント)が受けられておトク

●全国初のステージアップシステムで賞品が豪華

こんはおトクなアイテムを利用しない手はありません。

1.龍馬パスポートとは

1-1.龍馬パスポートの楽しみ方

image
※公式サイトから引用

1-2.スタンプの集め方

image
※公式サイトから引用

1-3.ステージアップの仕組み

image
※公式サイトから引用

2.申請方法

image
まずは、

上記冊子の裏表紙にある「龍馬パスポート(青)申請ハガキ」にパスポート参加施設を利用すると押印してもらえるスタンプを3個集めます。

3.龍馬パスポート(青)申請書ハガキの準備

龍馬パスポート(青)申請ハガキを手に入れる為に、高知旅行で最初に立ち寄る道の駅「宿毛」で貰うことにしました。
image

その後、
●道の駅「大月」×1個
●県立足摺海洋館×1個
●道の駅「めじかの里土佐清水」×1個

それぞれでスタンプを1個集めることができ合計で3個になりました。

4.スタンプ3個達成

image

5.青パスポートを交付

「ジョン万次郎資料館」で青パスポートを交付してもらいました。
image
青パスポート(ステージ1)は
スタンプ6個で赤パスポートにステージアップする事ができます。

6.青パスポートにスタンプ6個達成

image
●足摺黒潮市場×1個
●道の駅「なぶら土佐佐賀」×1個
●黒潮本陣×2個
●道の駅なかとさ×1個
●道の駅あぐり窪川×1個

スタンプが6個集まったので、後日、赤パスポートのステージアップ申請(郵送)をしました。

なお、7個目以降のスタンプは、赤パスポートに繰り越せます。

image
●海洋堂ホビー館×1個
●道の駅「とおわ」×1個
●道の駅「よって西土佐」×1個

7.ステージアップでの抽選賞品(3か月に1回)


●青パスポート申請で
県内宿泊ギフト券3,000円分が抽選で200名

●赤パスポートにステージアップで
県内宿泊ギフト券5,000円分が抽選で50名

県内宿泊ギフト券が当選したらいいなあ〜。
旅行が終わってもお楽しみはまだまだ続きそうです。

8.赤パスポートが到着

たしか金曜日(?)にステージアップ申請(郵送)したのに、もう日曜日には赤パスポートが到着しました。余りの手際良さに驚きです。

もしかしてシルバーウィークに間に合わそうと頑張ってくれたのでは?

●赤パスポート
image
●スタンプ3箇所の繰越
image
しっかり繰越されていました。
なお、青パスポートも一緒に返ってきました。

次のブロンズパスポート(ステージ3)にステージアップするには、

スタンプ数:8個
宿泊条件    :1泊以上(必須)
です。

既にスタンプが3個(繰越分)あり、
宿泊すればスタンプが2個
残り3個でステージアップができます。

無理なく達成できそうな仕組みになっていて、また高知に旅してみようかな!!
と言う気持ちにさせられます。


【2日目】高知県西部エリアの「雄大な自然」と「郷土料理」を満喫する旅

高知県(土佐)には
絶景スポットや景勝地が山ほどあります。

1日目は、

海をメインに観光しました。
足摺宇和海国立公園に属する、
●竜串・見残しの奇勝・絶景
image
●「土佐の海と黒潮の魚たち」をテーマにした足摺海洋館(SATOUMI)
image
●太平洋が一望できる足摺岬。 
image
大袈裟かもしれませんが、
息を呑むほどの雄大な景色に出会うことができました。驚きと感動で言葉を失ってしまったほどです。

2日目は、

絶景スポッや景勝地の中でも、山・川をメインに観光したいと思います。

当初は四万十川の屋形船でお食事をしながら優雅に川下りを計画していました。ところが金曜日の大雨で川の増水や濁りが予想される為中止にして、

四万十市中村町から国道441号線で四万十川を川上へ

から

高岡郡四万十町から国道381号線で四万十川を川下へ

変更しました。

2日目のメインであった川下りの代わりに「海洋堂ホビー館」を訪れることにしました。

まずは、

1.道の駅「なかとさ」

image
●マルシェなかとさ
●黒潮亭いか船頭
●はま焼き海王
●岩本こむぎ店
●Kaze工房
等の施設があります。
時間が早く、マルシェなかとさと岩本こむぎ店しか開店していませんでした。

それでも、地元の新鮮なお野菜と焼きたてのパンを買うことができました。

カツオソフトクリーム
image
カツオダシを練り込んだソフトにカツオぶしがまぶしてあります。是非食べたかった1品でしたが、まだ開店しておらず食べることができませんでした。

2.久礼大正町市場

2-1.久礼大正町市場MAP

image
市場周辺が一目で分かります。

2-2.久礼大正町市場入口


image
かつおの看板が目印。正面から入っていくとアーケード街になっていて、久礼の旬の魚を置いた鮮魚店、お食事処・青果店が並んでいます。

3.道の駅「あぐり窪川」

image
「四万十ポーク」の上質なミンチをたっぷり使用した豚まんが超お勧めです。

しょうがアイス
image
四万十の搾りたて生乳と生産高日本一の町内産生姜を混ぜ合わせた素材の味たっぷりのアイスです。

4.へんぴなミュージアム

4-1.海洋堂ホビー館四万十

わざわざいこう!へんぴなミュージアム
と言うぐらいで、山の奥の本当にへんぴな場所にあります。

世界的なフィギュアメーカーとして知られる海洋堂の歴史とコレクションを展示してあります。
image
ケンシロウがお出迎え!!
アチョー!!お前はもう死んでいる。

image
エヴァンゲリオンからシン・ゴジラまで揃っています。

image
昭和のヒーローのフィギュアも沢山有りました。懐かしいばかりです。

4-2.海洋堂かっぱ館

image
沢山のかっぱと出会うことができます。

余りのかっぱの多さに圧倒され、異次元の世界に迷い込んだ雰囲気を味わうことができます。

5.道の駅「四万十大正」

image
トイレ休憩
道の駅の裏には四万十川が流れています。

6.道の駅「四万十とおわ」

image
6月27日に四万十川横断のジップライン(スタート地点とゴール地点の間に張られたワイヤーロープを滑車を使って滑り降りるアトラクション)がオープンしました。テレビでも沢山取り上げられて観光客でごった返していました。

道の駅の「とおわ食堂」では「小町バイキング」が開催されていましたがこちらも順番待ちです。

お隣のカフェへ・・・

四国八十八景:34
おちゃくりカフェから眺める四万十川
image
四万十川を眺めながらの珈琲タイム。時間を忘れさせてくれます。

7.長生沈下橋

image
四万十川と言えば沈下橋。
沈下橋と言えば四万十川
高知に旅行して沈下橋をみなければ、四万十川は語れません。

8.道の駅「よって西土佐」

image
よって!いちごシロップソフト
image
高知県の道の駅でありながら、愛媛奥伊予スイーツ街道の一つです。

バニラソフトに西土佐産のいちごで作ったシロップがかかっています。
「山間米」の米粉と酒粕でできた軽トラ型のビスケットがアクセント。

これで、高知の旅は終わりです。
あれこれと観光地を巡る慌しい2日間の旅となりました。

また機会があれば、ゆっくり時間をかけて「体験ツアー」
にも参加したいと思いました。まだまだ見る処は沢山あります。


【黒潮本陣に宿泊】高知県西部エリアの「雄大な自然」と「郷土料理」を満喫する旅

中土佐町久礼にある
鰹乃國の湯宿「黒潮本陣」に宿泊です。

穏やかな瀬戸内海しか知らない愛媛県民は、
太平洋に

●「7つの海」の中で一番大きく
●アメリカ大陸とは海で繋がっていて
●見渡せば島一つない大海原。
●水平線は地球が丸く見えます?

と言ったイメージを抱いていて、
其れは其れは強い憧れを持っています。

鰹乃國の湯宿「黒潮本陣」は、そんな太平洋をどのお部屋からでも展望することができます。それが宿泊の決め手となりました。

1.外観

image
堂々とした佇まい。
お洒落なお城の雰囲気です。

まずは、チェックインの前に・・・
image
機械の画面に顔を近づけると自動で体温測定をしてくれます。進化に驚かされました。

館内は木材がふんだんに使われていて温もりがあり、黒が基調で重厚感に溢れていました。

2.お部屋

受付は2階。お部屋は3階。
エレベーターがありますが、階段で
image

3階の通路。部屋は一番手前の「波」
image

部屋からの眺め
image
「洋室」にしました。
太平洋が一望。
とまではいきませんが、それでも「オーシャンビュー!!」

3.夕食

午後5:30から夕食

1階のレストラン「茶屋本陣(櫂)」でいただきます。ちょっと早めに行きましたが、夕食の準備ができていました。(用意周到)

雄大な太平洋を眺めながらの夕食。
楽しみです。
image

お品書
image

食前酒・前菜→御造り
image

黒潮名物
image
鰹わら焼塩タタキ。惜しげもなく分厚く切ったタタキ。

まずは薬味なしで一口。
生臭さがなく柔らかく香ばしい香りがします。
普段食べていたタタキとこんなに違いがあるとは思ってもみませんでした。

厚めに切ったにんにく・ネギをはさんで一口。
カツオのタタキがこれほどおいしいとは・・・

もうこれだけで高知に旅行した甲斐がありました。


冷鉢→焼物→油物→酢物
image

御飯→水物
image
温かいものは温かいうちに、
冷たいものは冷たいうちに、
その都度配膳される気の配りよう。新鮮な地元の食材。
お腹一杯いただくことができました。

食後は・・・

4.温泉

冷泉を沸かした「大浴場」と「汐湯の露点風呂」の2種類があります。「汐湯の露天風呂」は湯気の向こうに太平洋の大海原が広がります。

浴室内は「写真撮影禁止」でした。
そこで、
大浴場までの渡り廊下を
image
手前が女湯。
奥が男湯。
男湯と女湯は一日ごとに交替されます。

渡り廊下の先は、テラス?あずま屋?があります。
image
久礼湾(中土佐の漁港)を見渡すことができます。

涼しい風が、湯上がりの火照った身体を冷やしてくれます。

5.朝食

image


image
ホテルのバイキングと違って、落ち着いた雰囲気でいただくことができました。

6.チェックアウト

宿泊費は、

GO TOトラベル  :35%オフ
じも旅✖️2セット     :10,000円オフ

※じも旅は、額面10,000円を5,000円で購入できます。(額面の内訳は、宿泊券5,000円分と観光施設や飲食店で利用できる500円✖️10セットクーポン券)

大変お得な価格で
贅沢なお食事
ゆったり気分の温泉を
満喫する事ができました。

大変満足しました。


プロフィール
1956年生まれ
愛媛県育ち
シニア世代の
マラソン挑戦記

平成29年8月14日から
ブログを始めました
ブログ初心者です。
温かく見守って
下さい。
フルマラソン完走記録
○第58回愛媛マラソン
○第35回NAHAマラソン
○東京マラソン2019
○第57回愛媛マラソン
○北海道マラソン2018
○とくしまマラソン2018
○とくしまマラソン2016
○第1回おかやまマラソン
○第53回愛媛マラソン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【アサギマダラ】「フジバカマ」の上を優雅に舞う姿に再会できました
  • 【アサギマダラ】「フジバカマ」の上を優雅に舞う姿に再会できました
  • 【アサギマダラ】「フジバカマ」の上を優雅に舞う姿に再会できました
  • 【アサギマダラ】「フジバカマ」の上を優雅に舞う姿に再会できました
  • 【アサギマダラ】「フジバカマ」の上を優雅に舞う姿に再会できました
  • 【アサギマダラ】「フジバカマ」の上を優雅に舞う姿に再会できました
お問い合わせ