挑戦!!フルマラソンをあと何回完走することができるか?

ダイエットがきっかけで始めたウォーキング。
日が経つにつれ、ジョギングになり、今ではフルマラソンが走れるようになりました。
折しも60歳を超えた頃から、タイムは縮まらなくなり、「年齢」を感じています。
これから先、何回のフルマラソンを完走することができることやら?

登山

【西日本最高峰の石鎚山】山頂から紅葉が始まりました


紅葉の石鎚山に「成就ルート」で登山したことはありましたが、「土小屋ルート」ではありませんでした。

「土小屋ルート」は、

昨年、

春の石鎚山(2019年5月25日)

夏の石鎚山(2019年7月27日)

に登山しました。

今回(2020年10月14日)登山することで、
石鎚山の3シーズンを体験することになります。

石鎚山頂上での「秋の装い」をお見せできれば幸いです。

1.出発

1-1.起床

AM04:00
朝食、洗面、トイレを順調に済ませて荷物のチェック。
忘れ物なし!!

1-2.出発

AM05:00出発

あっ!!、
間も無くして「マスク」を忘れている事に気が付きました。

登山中でもマスクは付けるに越したことはありません。ましてや休憩時や店舗に入店するなら絶対必要になります。

無い事に気が付くと、
どうしても気になります。

仕方ありません。
途中のコンビニで購入することにしました。

これで一安心。

しばらく運転していると
今度は「ティッシュ」を持って無い事に・・・
(どうして一度に気が付かないのでしょうか?)

トイレは済ませてきたし、
「必要無いか!!」と思いつつ運転を続けていると、こういう時に限って、だんだんトイレに行きたくなります。しかし「ティッシュ」がありません。

またまたコンビニでお世話になりました。トイレだけの利用だと失礼なので、ここでもマスクを購入。

いらぬ出費が掛かってしまいました。

2.石鎚スカイライン入口

出発時間が早過ぎた事に途中で気づき、スピードを落とし運転するも・・・

2-1.到着

AM06:30到着

入口ゲートはAM07:00開門。
まだ30分あるのにゲート前には既に3台の乗用車が待機していました。

ゲート横には駐車場があるので何気にそこに駐車して待つことにしました。

2-2.気温

車外は寒そうです。それもそのハズ。
image
何と10°Cです。

2-3.面河川

仁淀ブルーで有名な仁淀川です。
と言っても、愛媛県では面河川と呼ばれています。流石に透明度が高くブルーです。

時間があるので、写真撮影。
image
左:橋から見て川下
右:橋から見て川上

2-4.開門

AM07:00開門です。

ちょっと待って!!
車内で寝ている間に、何とゲート前に待機していた車の後ろに、何と、何と、何と、
更に車が20〜30台?は連なっています。
今までに経験したことのない混雑ぶりです。

割り込みしづらい状況になっています。最初にゲートを通過するか、最後に通過するかで、土小屋での駐車場の場所が違ってきます。

・・・案ずる事はありませんでした。並んでいた車の1台が先を譲ってくれました。

3.土小屋到着

3-1.駐車場

ゲートが開門して6台目の通過でしたが、それでも土小屋の山小屋前の駐車場は満車です。

頂上・土小屋での宿泊者の車としか考えられませんが、すごい台数です。

仕方ありません。
登山口から離れた道路横の駐車場にしました。

流石に「紅葉の石鎚山」は有名で、県外車ばっかりです。

3-2.天候

風が強く、
気温は寒く10°C以下は間違いありません。霧が濃く景色が見えません。
image
標高1,492m(イヨのノク)

3-3.服装

ウインドブレーカーを持ってきて正解です。
早速着る事にしました。それでも風が吹くと震えがきます。

「手袋を持ってくればよかった」と思ったぐらいです。

4.登山開始

image
「土小屋ルート」の登山口。ここからスタートです!!

4-1.景色

もう最悪です。風は強く・霧が濃く、景色が全く見えません。
image 

4-2.桔梗

景色は見えなくても、足元には桔梗(秋の七草)がさりげなく咲いていました。
image

春・夏と

春:石鎚山の楽しみは頂上からの景色と植物観察です。

夏:真夏の石鎚登山は、色彩豊かな植物が疲れた身体と心を癒してくれます。

違って、
咲いている花は「桔梗」ぐらいです。ちょっと淋しいですが紅葉に期待するしかありません。

4-3.晴れてきました

いつの間にか霧が無くなり晴れてきました。景色が見渡せ、紅葉を所々で目にするようになりました。
image


石鎚山の頂上を見ることができます。
image
頂上まで残り400m位です。が、
ここからが大変です。
階段を10歩登っては休憩。
また10歩登っては休憩。
この繰り返しです。

体力の低下をつくづく感じさせられます。

やっと
頂上に到着。

5.頂上にて

5-1.景色を堪能

image
石鎚山:天狗岳は紅葉で真っ赤でした。

image
最高の景色です。
image

5-2.昼食

いただきま〜す。
image
山頂での「おにぎり」は格別です。

5-3.密です。密です

今日は水曜日。平日です。決して日曜日ではありません。それなのに、人・人・人

密です。密です。密です。

6.下山開始


image

6-1.滑落寸前

もう疲労により足がガクガクです。登山靴が重たい事もあり足が上がらず、つまづきそうになります。

十分注意はしていましたが、

右足で大きな石を踏んだ時、不安定で体のバランスを崩してしまいました。

身体は前方に倒れていきます。

トレッキングポールが無いので身体を支えることができません。咄嗟に手を付きましたが、顔から登山道に倒れていきました。

帽子の庇(ツバ)と笹の葉がクッションになり、顔に怪我はありませんでしたが、眼鏡は壊れてしまいました。

起き上がって、ふと左手を見るとすぐ横は崖になっています。もし左に倒れていれば滑落してしまうところでした。

あー本当にびっくり。皆んなに迷惑をかけてしまうところでした。

言うまでもありません。それからは、更に慎重に、慎重に、下山しました。

6-2.無事下山


image

7.土小屋にて

7-1.着替え

もう汗でビッショリ。吹く風は冷たく汗冷えで風邪をひきそうです。トイレで着替えても身体は冷えたままです。

そんな時、目に付いたのが、

7-2.mont-bell friend shop


image


昨年の夏、来た時にはありません。

どうも2020年7月1日(土)リニューアルオープンしたばっかりです。

見るからにお洒落です。
入ってみることにしました。


image

身体が冷え切っていたので
温かい飲み物をいただく事にしました。

image

外を眺めながら「いしづちブレンド」。
身体が温まってきました。生き返った感じです。

8.帰路

帰路の途中に道の駅2ヶ所へ寄ってみました。

四国の「道の駅」では、スタンプラリーが開催されています。

●開催期間:2019年4月27日〜2021年6月30日
●開催場所:四国地区の「道の駅」87駅(2019年3月時点で登録済みの駅)
●スタンプの押印について:スタンプブックの所定の箇所に押印

●完全制覇賞:

「道の駅」のスタンプ87個

賞品として、完全制覇認定賞。応募された方全員に送付

●敢闘賞:

「道の駅」のスタンプ50個以上

賞品として、5000円相当の「道の駅」のお土産
32本(上期16本・下期16本)

敢闘賞を目指して、地道に挑戦中。

8-1.道の駅「みかわ」

●外観
image


●スタンプ
image
20個目のスタンプです。

8-2.道の駅「天空の郷さんさん」

●外観
image

●スタンプ
image
21個目のスタンプです。
50個達成はまだ未だ先です。

9.まとめ

9-1.登り


image

9-2.下り


image

9-3.紅葉の見頃

●石鎚山頂上は、
秋晴れ。
既に紅葉です。最高の景色を堪能することができました。

●「石鎚スカイラインからの石鎚山」の全貌が
黄色やオレンジに染まるのは10月下旬

●面河渓が紅葉するのは
11月上旬になりそうです。

9-4.反省点

●確認の甘さ

あれだけ確認しても、「マスク」と「ティッシュ」の忘れ物

●眼鏡

登山中は足元を確認しながら歩きますが、どうも様子が違います。足元までの距離感がつかめません。

それもそのはず、眼鏡が勤務時の「遠近両用眼鏡」でした。見にくい筈です。

「チェック」の詰めが甘い!!

日本百名山の一つ「剣山」で見られる高山植物

「剣山」の「尾根道コース」を登っていると、沢山の高山植物が目を楽しませてくれます。

1.タカネオトギリ(高嶺弟切)

IMG_2818
登山道の足元で、一際目を引く黄色の花は、「タカネオトギリ」です。

雄しべの数が多くて長く、葉が小さく細長いのが特徴です。

石鎚山の登山道でも、沢山見かけることができました。

2.イヨフウロ(シコクフウロ)

IMG_2822
この花も登山道の足元で見つけることができます。

本州(東海地方以西)・四国・九州に分布しています。
7月〜9月に紅紫色のきれいな花を咲かせます。

3.トゲアザミ

IMG_2824
高原に生える野アザミの変種。全体にトゲが多いのが特徴です。

4.ナンゴククガイソウ

IMG_2828
頂上ヒュッテの近くで観ることができます。

クガイソウは本州に自生しますが、この種はそれよりも南に自生するので、ナンゴクの名がついたようです。

自然に生えていると言うよりは、植えられているようでした。

5.キレンゲショウマ

IMG_2827
宮尾登美子の小説「天涯の花」で、「まるで一つ一つの花が月光のように澄み、清らかに輝いて見えた」と表現しています。

剣山は、「キレンゲショウマ」の全国一の群生地(自生地)で小説の舞台にもなりました。

沢山の蕾が今にも開花しそうです。後、1週間もすれば満開のはずです。

月光のように澄み、清らかに輝く花を見ることができなかったのが非常に残念です。



「剣山」は高山植物の宝庫と言われています。
もっと時間をかけて、頂上周辺を隈なく散策すれば、他にも沢山の高山植物を見つけることができたかもしれません。

初めての「剣山」でしたが、代表的な高山植物は見つける事ができて

「良し」としましょう。

日本百名山の一つ「剣山」は、ロマンとミステリーに溢れたパワースポット!!

1.はじめに


四国には、日本百名山に選ばれた山が2山(座)あります。


一つ目は、
石鎚山:標高1982m


二つ目は、
剣 山:標高1955m
です。

石鎚山は何回か登山したことがありますが、同じ四国にありながら、2番目に標高がある「剣山」は一度も登山したことがありませんでした。


せめて四国にある日本百名山の2山(座)ぐらいは、制覇しておきたいと思い、この夏に登山することにしました。

(良い「気=パワー」がもらえる神聖な場所で、コロナをもらっては、元も子もありません。密にならないよう十分に注意し登山したいと思います)

2.剣山


約3000年前に、聖地エルサレムの神殿に祀られていたのが「十戒の石板」「アロンの杖」「マナの壺」で、

入れていたのが「契約の聖櫃(アーク)」。

これらソロモンの秘宝と呼ばれた宝は、ユダヤ王国の崩壊とともに行方が分からなくなりました。


それが何と何と「剣山」に眠っているのでは?と密かに語られています。

過去に数々の調査が行われたようですが、未だに決定的な証拠は見つかっていません。

「剣山」はミステリーとロマンに溢れた聖域です。

3.出発

3-1.起床(AM4:00)


3-2.出発(AM5:10)



自宅
⬇︎(一般道)
松山IC
⬇︎松山自動車道
⬇︎(川之江JCT)
⬇︎徳島自動車道
美馬IC
⬇︎(一般道)

剣山観光登山リフト乗り場

3-3.剣山登山口(AM8:02)


IMG_2804

此処からだと、登山リフト西島駅まで、

約1420m
所要時間約50分

登山道は整備され楽に登頂する事ができます。ただ、今回は高齢者一人で始めての「剣山」登山です。安全を考慮してリフトを利用する事にしました。

ちなみに、
リフト西島駅から、頂上まで(尾根道コース)

約1000m
標高差245m

4.リフト乗り場(見ノ越駅)


4-1.駐車場


約200台が駐車可能であり、無料となっています。AM8:05に到着しましたので、空きが沢山あり余裕で駐車することができました。

4-2.料金


FullSizeRender

大人:往復1900円・片道1050円
小人:往復  900円・片道  520円

4-3.営業時間


通常 :9:00〜16:30
繁忙期:8:00〜16:30

4-4.区間


見ノ越駅➡︎西島駅
IMG_2813
所要時間15分
標高差330mを一気に上がっていきます。

5.登山開始


西島駅から剣山頂上までの登山道は、3コースあります。


●遊歩道コース(所要時間:約80分)
●大劍道コース(所要時間:約60分)
●尾根道コース(所要時間:約40分)

登りは、体力を使うことを想定し、所要時間の短い「尾根道コース」にしました。

5-1.尾根道コース(AM8:38)



IMG_2814
登山開始です。
標識には、1,000mと書かれています。3コースの中では最短コースです。

5-2.視界が開ける


IMG_2819
「尾根道」と言うだけあって、視界が開けてきました。

5-3.刀掛の松


IMG_2820
安徳天皇が山頂に宝剣を納めた際に休んだ場所と言われています。その時、宝剣を持ち続けている家来を労って刀を松にかけるようにと声をかけたことからその名が付いたとされます。

5-4.剣山本宮宝蔵石神社


IMG_2829
後方には、「宝蔵石」があります。

IMG_2831
白い霧?雲?に覆われて、瀬戸内海の「瀬戸大橋」や「小豆島」を望むことは全くできません。

5-5.剣山高山植物特別御朱印


FullSizeRender
集めている訳ではありませんが、ついつい記念に買ってしまいました。

8月の高山植物は「キレンゲショウマ」です。


6.頂上からの眺め


IMG_2844
剣山山頂に到着。

6-1.一等三角点


IMG_2836

しっかりと「しめ縄」が巻かれていました。

6-2.次郎笈


IMG_2838
霧に包まれて、頂上を見ることが出来ません。

6-3.木道


IMG_2834
山頂には、植物保護の為、木道が敷かれていました。

6-4.エネルギー充電


IMG_2841
腹が減っては戦ができぬ。

6-5.剣山宝蔵石


IMG_2850

石の下には「ソロモンの秘宝」の一部が隠されているとの伝説が。

7.下山開始


下山は登りと比べれば楽だと思い、所要時間がややかかりますが、「大劍道コース」にしました。

7-1.大劍道コース下山(AM9:55)


IMG_2852
ブナが生茂った山道を下りていきます。

7-2.大劍神社


IMG_2855
天地一切の悪縁を断ち、現世最高の良縁を結ぶ

7-3.お塔石


IMG_2853
大劍神社の後ろ(右側の岩)に、堂々と位置していました。

7-4.鳥居


IMG_2859
木材で作られているようで、今にも倒れそうです。それでも威厳を感じさせられます。

8.西島駅到着


8-1.見ノ越駅へ(AM10:23)


IMG_2865

8-2.アサギマダラ


IMG_2869
リフトの下で、ヒヨドリバナ?の蜜を吸っている「アサギマダラ」を見つけました。
何処にいるでしょう?

9.帰路


9-1.出発(AM10:50)


安全運転で帰るだけです。

9-2.休憩


IMG_2868
吉野川SAで休憩

9-3.帰宅(PM2:03)

10.まとめ


10-1.アクセス


美馬IC〜剣山リフト乗り場(国道438号線)までの一般道は距離(43km)があり、至る所が狭い山道で対向車との擦れ違いが大変でした。


クネクネとカーブが多くて非常に走り辛い。(急カーブには、第1ヘアピンカーブ〜第7ヘアピンカーブと名前が付いているぐらいです)

流石に疲れました。「もう2回目は無いな!」と思ったぐらいです。

10-2.天候


7月30日 梅雨明けしました。

天候は晴れでしたが頂上付近は霧?雲?に覆われていました。折角の絶景を見ることができなかったのが残念でなりません。

10-3.登山コース


上り: 尾根道コース

下り:大劍道コース

で正解でした。これが逆でしたら、もっと疲れていたことでしょう。

また、高齢者・女性は剣山登山口から登るよりリフトを利用することをお勧めします。

10-4.見どころ


見どころ一杯。


神社
ミステリーに満ちた大きな岩
穏やな頂上
そして頂上から見渡す絶景(大半が雲に隠れていましたが)

明日からの活力になりました。






プロフィール
1956年生まれ
愛媛県育ち
シニア世代の
マラソン挑戦記

平成29年8月14日から
ブログを始めました
ブログ初心者です。
温かく見守って
下さい。
フルマラソン完走記録
○第58回愛媛マラソン
○第35回NAHAマラソン
○東京マラソン2019
○第57回愛媛マラソン
○北海道マラソン2018
○とくしまマラソン2018
○とくしまマラソン2016
○第1回おかやまマラソン
○第53回愛媛マラソン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • TMFのVIRTUAL RUNにエントリーしました
  • TMFのVIRTUAL RUNにエントリーしました
  • TMFのVIRTUAL RUNにエントリーしました
  • TMFのVIRTUAL RUNにエントリーしました
  • 高知県の越知町と仁淀川町の観光スポットをドライブしました
  • 高知県の越知町と仁淀川町の観光スポットをドライブしました
お問い合わせ