挑戦!!フルマラソンをあと何回完走することができるか?

ダイエットがきっかけで始めたウォーキング。
日が経つにつれ、ジョギングになり、今ではフルマラソンが走れるようになりました。
折しも60歳を超えた頃から、タイムは縮まらなくなり、「年齢」を感じています。
これから先、何回のフルマラソンを完走することができることやら?

石鎚山

【西日本最高峰の石鎚山】山頂から紅葉が始まりました


紅葉の石鎚山に「成就ルート」で登山したことはありましたが、「土小屋ルート」ではありませんでした。

「土小屋ルート」は、

昨年、

春の石鎚山(2019年5月25日)

夏の石鎚山(2019年7月27日)

に登山しました。

今回(2020年10月14日)登山することで、
石鎚山の3シーズンを体験することになります。

石鎚山頂上での「秋の装い」をお見せできれば幸いです。

1.出発

1-1.起床

AM04:00
朝食、洗面、トイレを順調に済ませて荷物のチェック。
忘れ物なし!!

1-2.出発

AM05:00出発

あっ!!、
間も無くして「マスク」を忘れている事に気が付きました。

登山中でもマスクは付けるに越したことはありません。ましてや休憩時や店舗に入店するなら絶対必要になります。

無い事に気が付くと、
どうしても気になります。

仕方ありません。
途中のコンビニで購入することにしました。

これで一安心。

しばらく運転していると
今度は「ティッシュ」を持って無い事に・・・
(どうして一度に気が付かないのでしょうか?)

トイレは済ませてきたし、
「必要無いか!!」と思いつつ運転を続けていると、こういう時に限って、だんだんトイレに行きたくなります。しかし「ティッシュ」がありません。

またまたコンビニでお世話になりました。トイレだけの利用だと失礼なので、ここでもマスクを購入。

いらぬ出費が掛かってしまいました。

2.石鎚スカイライン入口

出発時間が早過ぎた事に途中で気づき、スピードを落とし運転するも・・・

2-1.到着

AM06:30到着

入口ゲートはAM07:00開門。
まだ30分あるのにゲート前には既に3台の乗用車が待機していました。

ゲート横には駐車場があるので何気にそこに駐車して待つことにしました。

2-2.気温

車外は寒そうです。それもそのハズ。
image
何と10°Cです。

2-3.面河川

仁淀ブルーで有名な仁淀川です。
と言っても、愛媛県では面河川と呼ばれています。流石に透明度が高くブルーです。

時間があるので、写真撮影。
image
左:橋から見て川下
右:橋から見て川上

2-4.開門

AM07:00開門です。

ちょっと待って!!
車内で寝ている間に、何とゲート前に待機していた車の後ろに、何と、何と、何と、
更に車が20〜30台?は連なっています。
今までに経験したことのない混雑ぶりです。

割り込みしづらい状況になっています。最初にゲートを通過するか、最後に通過するかで、土小屋での駐車場の場所が違ってきます。

・・・案ずる事はありませんでした。並んでいた車の1台が先を譲ってくれました。

3.土小屋到着

3-1.駐車場

ゲートが開門して6台目の通過でしたが、それでも土小屋の山小屋前の駐車場は満車です。

頂上・土小屋での宿泊者の車としか考えられませんが、すごい台数です。

仕方ありません。
登山口から離れた道路横の駐車場にしました。

流石に「紅葉の石鎚山」は有名で、県外車ばっかりです。

3-2.天候

風が強く、
気温は寒く10°C以下は間違いありません。霧が濃く景色が見えません。
image
標高1,492m(イヨのノク)

3-3.服装

ウインドブレーカーを持ってきて正解です。
早速着る事にしました。それでも風が吹くと震えがきます。

「手袋を持ってくればよかった」と思ったぐらいです。

4.登山開始

image
「土小屋ルート」の登山口。ここからスタートです!!

4-1.景色

もう最悪です。風は強く・霧が濃く、景色が全く見えません。
image 

4-2.桔梗

景色は見えなくても、足元には桔梗(秋の七草)がさりげなく咲いていました。
image

春・夏と

春:石鎚山の楽しみは頂上からの景色と植物観察です。

夏:真夏の石鎚登山は、色彩豊かな植物が疲れた身体と心を癒してくれます。

違って、
咲いている花は「桔梗」ぐらいです。ちょっと淋しいですが紅葉に期待するしかありません。

4-3.晴れてきました

いつの間にか霧が無くなり晴れてきました。景色が見渡せ、紅葉を所々で目にするようになりました。
image


石鎚山の頂上を見ることができます。
image
頂上まで残り400m位です。が、
ここからが大変です。
階段を10歩登っては休憩。
また10歩登っては休憩。
この繰り返しです。

体力の低下をつくづく感じさせられます。

やっと
頂上に到着。

5.頂上にて

5-1.景色を堪能

image
石鎚山:天狗岳は紅葉で真っ赤でした。

image
最高の景色です。
image

5-2.昼食

いただきま〜す。
image
山頂での「おにぎり」は格別です。

5-3.密です。密です

今日は水曜日。平日です。決して日曜日ではありません。それなのに、人・人・人

密です。密です。密です。

6.下山開始


image

6-1.滑落寸前

もう疲労により足がガクガクです。登山靴が重たい事もあり足が上がらず、つまづきそうになります。

十分注意はしていましたが、

右足で大きな石を踏んだ時、不安定で体のバランスを崩してしまいました。

身体は前方に倒れていきます。

トレッキングポールが無いので身体を支えることができません。咄嗟に手を付きましたが、顔から登山道に倒れていきました。

帽子の庇(ツバ)と笹の葉がクッションになり、顔に怪我はありませんでしたが、眼鏡は壊れてしまいました。

起き上がって、ふと左手を見るとすぐ横は崖になっています。もし左に倒れていれば滑落してしまうところでした。

あー本当にびっくり。皆んなに迷惑をかけてしまうところでした。

言うまでもありません。それからは、更に慎重に、慎重に、下山しました。

6-2.無事下山


image

7.土小屋にて

7-1.着替え

もう汗でビッショリ。吹く風は冷たく汗冷えで風邪をひきそうです。トイレで着替えても身体は冷えたままです。

そんな時、目に付いたのが、

7-2.mont-bell friend shop


image


昨年の夏、来た時にはありません。

どうも2020年7月1日(土)リニューアルオープンしたばっかりです。

見るからにお洒落です。
入ってみることにしました。


image

身体が冷え切っていたので
温かい飲み物をいただく事にしました。

image

外を眺めながら「いしづちブレンド」。
身体が温まってきました。生き返った感じです。

8.帰路

帰路の途中に道の駅2ヶ所へ寄ってみました。

四国の「道の駅」では、スタンプラリーが開催されています。

●開催期間:2019年4月27日〜2021年6月30日
●開催場所:四国地区の「道の駅」87駅(2019年3月時点で登録済みの駅)
●スタンプの押印について:スタンプブックの所定の箇所に押印

●完全制覇賞:

「道の駅」のスタンプ87個

賞品として、完全制覇認定賞。応募された方全員に送付

●敢闘賞:

「道の駅」のスタンプ50個以上

賞品として、5000円相当の「道の駅」のお土産
32本(上期16本・下期16本)

敢闘賞を目指して、地道に挑戦中。

8-1.道の駅「みかわ」

●外観
image


●スタンプ
image
20個目のスタンプです。

8-2.道の駅「天空の郷さんさん」

●外観
image

●スタンプ
image
21個目のスタンプです。
50個達成はまだ未だ先です。

9.まとめ

9-1.登り


image

9-2.下り


image

9-3.紅葉の見頃

●石鎚山頂上は、
秋晴れ。
既に紅葉です。最高の景色を堪能することができました。

●「石鎚スカイラインからの石鎚山」の全貌が
黄色やオレンジに染まるのは10月下旬

●面河渓が紅葉するのは
11月上旬になりそうです。

9-4.反省点

●確認の甘さ

あれだけ確認しても、「マスク」と「ティッシュ」の忘れ物

●眼鏡

登山中は足元を確認しながら歩きますが、どうも様子が違います。足元までの距離感がつかめません。

それもそのはず、眼鏡が勤務時の「遠近両用眼鏡」でした。見にくい筈です。

「チェック」の詰めが甘い!!

真夏の石鎚登山は、色彩豊かな植物が疲れた身体と心を癒してくれます

令和に入って石鎚登山は2回目になります。

1回目は5月25日(土)でした。
広大なブナ林は新緑で眩しい季節でした。アケボノツツジは終わりを告げ、その代わりに「ヤブテマリ」の白い花を登山道のあちこちで見ることができました。
高山植物はまだ季節的に早いのか、「ヒナスミレ」「ワダソウ」ぐらいしか見つけることができませんでした。

ところが、
2回目(今回)は、
梅雨も明け、平地では焼けつくような真夏の日差しとなりました。でも、石鎚山は流石に涼しい風が吹いていました。この季節になると、登山道のあちこちで、黄色・白・青・紅紫・ピンクの高山植物が咲き、疲れた体と心を癒してくれます。

ヤマアジサイ

平地で咲く一般のアジサイは、6月(梅雨時)がピークですが、石鎚山の登山道では、今の時期(7月下旬)、いたるところで見かけることができました。
IMG_1628




















イヨフウロ

花びらは直径2cm位で、紅紫色の可愛いらしい花でした。
IMG_1627



















タカネオトギリ

四国の高山帯に生息し、
黄色の花びらと多数の長い雄しべが目に付く可憐な花です。葉は小さくて細長いのが特徴です。
IMG_1629




















シシウド

セリ科の花です。白い花が放射状に咲き、まるで線香花火のようでした。

IMG_1609















ナンゴククガイソウ

これから咲き始めるところです。クガイソウかと思いましたが、葉が幅広いので「ナンゴククガイソウ」のようです。
IMG_1615



























シモツケソウ

シモツケソウの葉っぱ、は掌状(手の平のこと)に広がったギザギザの羽状複葉で、一見すると切れ込みの強いカエデの葉ような形をしていいます。花は桃色でよく目立ちます。花言葉は「控えめな可愛さ、純情」。

IMG_1617



























イシヅチウスバアザミ

ウスバアザミの変種で四国の深山に生えます。 葉の刺が長いのが特徴です。
IMG_1603















ミソガワソウ

名前の由来は、木曽川源流の味噌川付近に多く見られることから、また、葉裏にある腺から出る特殊な臭気が味噌のようだということで味噌香草(ミソガソウ)と呼ばれたそうです。淡藤色の花が咲くのが特徴です。
IMG_1612

ノリウツギ

最初、ヤブテマリかと思いました。しかし、ヤブテマリの葉は丸っこいのでどうも違うようです。
IMG_1607

インターネットでいろいろ調べて名前を載せていますが、似たような花が多く苦戦しました。もしかすれば間違っているかもしれません。ご了承願います。

可憐な花を見つけるとついつい花だけを写真に撮ってしまいます。似たような花びらをしていても葉の形状が違うだけで名前が違ってきたりします。
花の名前を調べるのに写真に葉まで写っていなく大変困った思いをしました。

花だけでなく葉も一緒に撮っておこうと思って出発するも、ついつい忘れて花びらしか撮っていませんでした。

「第35回NAHAマラソン」完走に向けて高地トレーニングを実施しました

梅雨が明け、猛暑の夏がやって来ました。

「高地トレーニング」と言えばトップアスリートのように聞こえますが、ただ、石鎚登山に行っただけです。折角、登山靴を購入したのに、まだ1度しか履いていませんでした。紅葉の季節の石鎚山は最高ですが、それまでに、もう一度行ってみたいと思っていました。

7月27日(土)は、長期天気予報では「晴れ時々曇り」だったのと「会社の休日」が重なったので計画しました。

1.食事の用意


食べ物、飲み物は登山にとって必需品です。

1-1.食べ物

空腹にならない為に、
●菓子パン2個

エネルギー補給に、
●SOYJOY2個
●BARプロテイン2個
IMG_1631


























1-2.飲み物

●500mlペットボトル3本(アミノバリュー×2・アクエリアス×1)
●ポカリスエットゼリー2個

食べ物はまとめてビニール袋へ。

飲み物は冷蔵庫で凍らせて出発前にビニール袋に詰め持って行くことにしました。

2.服装の準備


基本は、5月に行った石鎚登山とほぼ一緒です。
違うところは、1点。夏場の暑い時期なのでTシャツ下の長袖アンダーシャツは止めました。

服装の準備もOKです。
着替えの下着・Tシャツ・ジャージ半ズボンをビニール袋に一まとめ。全部でビニール袋が3つになります。

3.石鎚登山の当日(7月27日)

3-1.出発準備

●AM4:30起床

朝食・トイレを済ませ歯磨き・髭剃りでAM5:10予定通りです。

Tシャツを着て、タイツを履くときでした。ピッチリと体にフィットするタイツに足を通して、膝まで上げたときに、膝の上にクロスのサポート部分がこないといけないのにありません。どうも前と後ろを間違えたようです。脱ぎ直して確認するのに、縮まっているので、見た目には判りません。ウエストのタグがあるのが前か?後ろか?
タグにも書いていません。前はどちら?後ろはどちら?悩んでいるうちに、時間がどんどん過ぎて行きます。

タイツを履き終えた時には、AM5:25です。AM5:30に出発予定でいたので時間がありません。

冷蔵庫から凍らしたペットボトル3本と冷やしたゼリーを溶けないようにタオルに巻いてビニール袋に。リュックに詰めるのた到着してからにして、手荷物を慌てて車に積込みました。

さあ、出発しようと、エンジンをかけた時、あー!!。帽子を忘れていました。もう一度、部屋に戻って帽子を被り、これでOK。さあ、出発。

●AM5:40出発

10分遅れてしまいました。それでも道が思っていたより、空いていで石鎚スカイライン入口にAM6:50に到着しました。AM7:00に入口が開門しますので、それには間に合いました。

●AM7:00石鎚スカイライン入口通過

3-2.土小屋到着(AM7:25)


厚手の靴下に履き替え、登山靴を履いて、後はリュックに荷物を詰め込むだけです。

まずは、飲み物のビニール袋。ペットボトル1本は、リュック横にセットして残りはリュックの中へ。

次は、着替えの入ったビニール袋。アッそうだ!!戻ってきたら着替えるのだから、車に置いておけばリュックに詰める必要はないか!!。

最後は、食べ物が入ったビニール袋。
ビニール袋。ビニール袋と。えー!!
ビニール袋がない。車内を何回も何回も隅々まで探してもありません。大事な食べ物が入ったビニール袋が。どうも慌てて車に積込み時、忘れてしまったようです。

飲み物だけでは腹は太りません。腹が減っては戦さができません。

どうしよう。どうしよう。悩んでいたら、山小屋があることに気が付きました。店の中は電気がついています。「ラッキー」。入口のドアも開けることができました。

入口横に菓子パンが置いています。
クリ-ムパン2個・あんぱん(粒あん)1個(160円×3)を購入することにしました。レジに行くと誰もいません。すみませ~ん。すみませ~ん。大声を張り上げても返事がありません。店内をうろうろしてて、・・・このまま帰ってもわからないのでは?と思ったり。
急いでいる時に限って、アクシデントは付き物です。

5分位待ったでしょうか?
「すみませ~ん」。「ハーイ」やっと返事か返ってきました。
支払いを済ませ、一応、食べ物も確保でき一安心です。

3-3.登山開始(AM7:46)

●登山口
IMG_1596















前回、頂上まで残り600mで足が上がらなくなり苦しい思いをしました。今回は、ゆっくりペースで歩幅を小さくして登っていくことにしました。ブナの林を登っている時には、蝉が鳴いていました。でも、平地で聞く、「クマゼミ」「アブラゼミ」「ニイニイゼミ」「ミンミンゼミ」「ツクツクボウシ」の鳴き声と違います。・・・もしかしたら、これが「ヒグラシ」の鳴き声では?

●石鎚山頂上と白骨林
IMG_1601















まだまだ大丈夫です。天気も良く、吹く風は涼しく、最高の登山日和です。

頂上に近づくとブナ林がなくなってきます。蝉の鳴き声の代わりに山鳥の鳴き声が聞こえてきました。景色は最高、山鳥の鳴き声を聞いていると心が洗われるようです。

●土小屋ルートと表参道ルートの合流点
IMG_1621



























前方の山の先に成就社が見えます。ここから傾斜がきつく、階段が多くなります。ここで10分程度休憩し、体力の回復を図りました。

いよいよ頂上まで600m。正面に見えるのが、石鎚山頂です。目と鼻の先です。
IMG_1620




























前回はここからが大変でした。あれから、体力増強の為、ランニングをしたり、ジムに行ってエアロバイクをしましたので、少しは楽に登れるかと期待していましたが、やはり、前回同様、足が上がらず、息切れはするは、15m登っては休憩するの連続でした。もう、歳には勝つことができません。

それでもやっと登頂することができました。

3-4.石鎚山山頂


IMG_1625














石鎚神社頂上社1982mとなっています。折角、大変な思いをして頂上についたので、記念に「御朱印」を貰うことにしました。前回、すっかり忘れていました。

●石鎚神社頂上社御朱印(500円)
FullSizeRender

霧がかかっていて、風が涼しく、汗まみれのTシャツが冷たくなるぐらいです。
IMG_1622















天狗岳の頂上は霧により見ることができません。それでも晴れている時より幻想的です。
IMG_1624















4.下山(AM10:18)

ただ、ひたすら下るだけです。上り程、疲れはないものの、全体重が膝にかかります。膝か時々、ガクガクときます。これが「膝が笑う」と言うことか。マラソンでは経験したことがありません。また、足場が悪いのでバランスを取りながらは、違った意味で疲れました。

5.土小屋到着(AM11:50)


IMG_1626















土小屋には「石鎚神社土小屋遥拝殿」があります。折角ですので、此処でも記念に「御朱印」をもらうことにしました。

石鎚神社土小屋遥拝殿 御朱印(300円)
FullSizeRender
着替えを済ませ、十分にストレッチをし、帰路につきました。

運転するまでは、足に異常はありませんでした。ところが運転し始めると、右足の膝から上が痙攣し始めました。あまりの痛さでアクセル・ブレーキを踏むことができません。車を停め、痙攣しているところを伸ばし、エアサロンパスで冷やし回復を待って運転することにしました。

前回と一緒です。全然、進歩していません。


プロフィール
1956年生まれ
愛媛県育ち
シニア世代の
マラソン挑戦記

平成29年8月14日から
ブログを始めました
ブログ初心者です。
温かく見守って
下さい。
フルマラソン完走記録
○第58回愛媛マラソン
○第35回NAHAマラソン
○東京マラソン2019
○第57回愛媛マラソン
○北海道マラソン2018
○とくしまマラソン2018
○とくしまマラソン2016
○第1回おかやまマラソン
○第53回愛媛マラソン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 富士山マラソン2020が11月21日からスタートしました
  • 富士山マラソン2020が11月21日からスタートしました
  • 富士山マラソン2020が11月21日からスタートしました
  • 富士山マラソン2020が11月21日からスタートしました
  • 富士山マラソン2020が11月21日からスタートしました
  • 富士山マラソン2020が11月21日からスタートしました
お問い合わせ